記事一覧

「睡眠を中心とした生活習慣づくり」講義

ファイル 170-1.jpgファイル 170-2.jpgファイル 170-3.jpgファイル 170-4.jpg

10月25日、4限の保健の授業では、1年生全員を対象として広島国際大学心理学部教授、田中秀樹先生をお迎えし、「睡眠を中心とした生活習慣づくり」という内容で講義を行っていただきました。睡眠不足や生活リズムの乱れは、人間の前頭葉の働きを悪くする。自分の睡眠は自分でマネジメントできなければ、本来の能力が発揮できないというお話でした。クイズやゲームを交えながらの講義は、生徒達にも大変わかりやすい内容でした。しっかりと参考にして、生活習慣の改善に役立てて欲しいと思います。